スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マンガ」 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6巻

「マンガ」 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6巻読みました。
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 6
(2010/07/09)
不明

商品詳細を見る


絶賛アニメ放送中!!


あらすじ 出典 Wikipedia
ある日突然、人々が<奴ら>と化し、他の人々を襲うことで仲間を増やし始めた。
主人公達生徒と教師数名がマイクロバスに乗って学園を脱出するが、
この謎の疫病は想像以上の広がりを見せ、気付いた時には出くわす人間のほとんどが
<奴ら>という凄惨な状況になっていた。秩序の崩壊した世界で、主人公一行のサバイバルが始まる。


↓↓↓↓↓↓ネタバレ注意↓↓↓↓↓↓






レビュー 
前回の続きでショッピングモールでの戦いです。
今まで安全だった、このショッピングモールですが、
ついに<奴ら>に侵入を許してしまいます!!

コータは、中岡 あさみにメガネブタを言われ、酷いショックを受けていたのですが、
やはり、心配でもう一度話しに行くことにします。
そして、一緒に行きましょうと言うと、抱きついてきます!!
これで、一安心っと思いきや・・・
<奴ら>が侵入してしまい、このショッピングモールから脱出をするこにします。

孝たちは、今まで<奴ら>と戦ってきたことで、すぐに心の準備ができたのですが、
ショッピングモールに居た大人たちは、混乱しています。
この戦いの中で、子供や大人っといた枠は存在せず、
生き残るという気持ちの強い人間だけが生き残る世界だということがわかった!!

外に出ようとするのですが、相当な数の<奴ら>がうごめいているので、
簡単には外に出ることができません。
そこで、あさみさんが役に立つものを発見!!
爆竹やねずみ花火です!!
<奴ら>は音に反応するので、非常に役に立つアイテムですね。

そして、外に出て脱出を試みるのですが・・・

全体を通しての感想
この6巻ですが、5巻の発売から2年が立っています!!
結構遅くに出したのに、全く話が進んでません。
話としては面白いので良いのですが、このまま原作者が諦めないで最後までは書いて欲しいです。
この巻では、結構充実したおまけページが多いです!!
まずは、藤美学園極秘美少女リストが見ることが出来ますw
そして、学園黙示録 初期設定資料も見れますよ。
もう一つありまして、原画佐藤ショウジ 原作佐藤大輔 フルメタル・パニックの著者 賀東招二
この3人の対談が実現!!
結構濃厚な内容になっていましたし、学園黙示録のウラ話などが書いてあって面白かったです。
是非読んでみてください。

評価 ★★★★ (4)


------関連記事------
「コミック感想」
「マンガ」 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1巻
「マンガ」 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2巻
「マンガ」 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 3巻
「マンガ」 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 4巻
「マンガ」 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 5巻

「アニメ感想」
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第2話
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第3話
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第4話




スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シリタガリ

Author:シリタガリ
まず最初にこちらをどうぞ、相互リンクについても書いてあります。

まだまだ、オタクという文化が嫌われている部分がありますが、私はこの文化を誇っていこうと思っています。 
多くの人に、いろんな作品を紹介し、共有することで、この文化を皆と誇っていきたい。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Twitter
リンク
2010年アニメ公式サイト
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサードリンク
応援アニメ
TVアニメ「あそびにいくヨ!」7月より放送開始!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。